【世界遺産】完成間近フエの建忠宮殿|Điện Kiến Trung

建忠宮殿は、午門を正面から入り一番奥に座していた洋風建築です。皇帝の居住地として利用されていました。
しかし、第二次大戦後1946年ベトミンよって破壊されてしまいます。(当時在留日本軍は、建物の保存を提案したそうです。)

最北端の緑色に示された建物が建忠宮殿

紫禁城をモデルとされたフエ王宮内は、ほとんどがベトナム伝統的木軸工法で造られた木造建築です。
しかし、皇帝の居城とされた建忠宮殿だけは、フランスの技術による鉄筋コンクリート造の建築です。しかし、ディテールをよく見ると、ベトナム的な装飾も施されている折衷様式の建築です。

1930年の建忠宮殿

建忠宮殿は鉄筋コンクリート造ですから、木造建築と比べて強固で安全です。
当時の皇帝が暮らす居住地としては最適でした。

建忠宮殿は、カイディン帝(Khải Ðịnh=啓定帝)時代に建設されました。
1921年に建設開始、1923年に完成しました。
鉄筋コンクリート造でヨーロッパとベトナムの折衷様式である点は、カイディン帝廟と通じるものがあります。

カイディン帝廟

実はこの場所、建忠宮殿が建てられる以前に3階建ての木造建築が立っていました。
Minh Viễn Lâu(明命帝の床)といわれ、フエ王宮内でも一番高い建物だったそうです。
1827年にミンマン帝(Minh Mạng=明命帝)によって建てられましたが、1876年劣化のため取り壊されました。

CGで再現された Minh Viễn Lâu

建忠宮殿の再建も良いですが、個人的にこの3階建ての木造建築の再建にチャレンジしてほしかった。(木造建築が好きなので)

建忠宮殿の再建

工事中の建忠宮殿

建忠宮殿の再建は2018年に始まりました。上の写真のように大部分は完成し、現在は装飾や仕上げに入っています。
近い将来、外部内部も装飾的でキラキラした宮殿が完成する予定です。
フエ王宮も長らく訪れていないので、完成した暁にはもう一度訪問できればと思います。

完成イメージ

MAP

関連記事

  1. 【世界遺産】フエ王宮 世祖廟| Thế Tổ Miếu

  2. ホーチミン市 ベトナム歴史博物館 |Bảo tàng Lịch sử …

  3. 建築のハノイ ベトナムに誕生したパリ

  4. 【世界遺産】フエ王宮内の荘厳な門 トーチ門|Thọ Chỉ Môn

  5. フエ ティンムー寺院 大雄殿|Điện đại Hùng chùa T…

  6. ホーチミン市6区 ビンタイ市場 |Chợ Bình Tây




Google Map List

Google Mapでつくったベトナム建築をカテゴリー分けして作ったリストです。
フォローしていただければいつでもGoogle Mapで確認できます。

 

チャンパ建築

 

ベトナム紙幣の建築

 

ドンコイ通りの建築

 

バーディン広場周辺の建築

 

ホアンキエム湖周辺のコロニアル建築

 

カテゴリー

最近の記事

イラスト