バクニン省 法雲寺|延應寺 |Chùa Dâu

Chùa Dâuは直訳すると「いちご寺」という意味になります。真ん中の塔の先がいちごの形に見えるからでしょうか。
その他、Diên Ứng (延應寺)やPháp Vân (法雲寺)などとも呼ばれています。

このいちご寺のある、かつてルイラウ(Luy Lâu=羸婁)と呼ばれた地域は、バクニン省のトゥアンタイン県にありベトナムで最初に仏教が伝わった地とされています。ルイラウは紀元前後のベトナム最大都市でした。

法雲寺はベトナムで最も古い寺院で、最初の建物は187年に建設開始226年に完成しました。
現在の寺院は1313年に再建され、その後何度も改修を重ねています。
本尊は農業神である法雲神。雲、雨、雷、電の四法神の信仰、雨の恵みを乞う農業神信仰です。土着の精霊信仰に仏教信仰が混交されたものです。

MAP

関連記事

  1. ホーチミン市 十一重の塔|Pho Minh Pagoda | Chùa…

  2. フエ 瞑想寺|Chùa Thiền Lâm

  3. ベトナム紙幣の裏面に描かれている建築の謎

  4. タイニン省 カオダイ教会本山|Cao Dai Holy See Sav…

  5. ティエンザン省ミトー 永長寺 | Chùa Vĩnh Tràng

  6. ハノイ市 一柱寺 |延祐寺 |Chùa Một Cột




Google Map List

Google Mapでつくったベトナム建築をカテゴリー分けして作ったリストです。
フォローしていただければいつでもGoogle Mapで確認できます。

 

チャンパ建築

 

ベトナム紙幣の建築

 

ドンコイ通りの建築

 

バーディン広場周辺の建築

 

ホアンキエム湖周辺のコロニアル建築

 

カテゴリー

最近の記事

  1. Góp thóc vào kho

イラスト